初心者が3000円から投資信託を始めてみてわかったこと

 投資って怖いもの。こんな風に思っていました。

 だけれど、漠然としたお金の不安がある。こんな時に書店を歩いていたら、この本を見つけたんです。

 書店で山積みになって置かれていた本だったので、既に読まれた方もいるかもしれませんね。

 内容を見て、本当かよ?っていう疑いの気持ちがありましたが、3000円なら失敗しても良いやという気持ちで証券口座を解説し、入金。半年経過してわかってきたことをまとめてみました。

どんな風に始めたか

楽天証券口座を開設

 本に書いてあることをそのまま実行しました。どんな証券口座が良いのか、どんな投資商品を購入したら良いのかなど初心者が投資を始めるにあたって困るであろう知識を順序立ててわかりやすく解説してくれています。

 僕は楽天証券で口座を開設しました。どうやらネット証券がおすすめのようです。理由は手数料が安いことやスマホ1つで全てが完結してしまうこと。

とりあえず2ヶ月は3000円で積み立て

 始めは投資に対する怖さもあったので、ひとまず小額から入金しました。本にも書いてあった3000円からスタート。

 正直3000円で何が変わるんだろうという気持ちもありましたが、怖いものみたさに恐る恐る入金。

 最初の入金はドキドキです。

結果はどうだったか

 入金をする前はなんだかんだで淡い期待している自分がいました。

 入金さえすれば、お金は増えんでしょみたいな。

全然プラスにならず

 初月は約4%のマイナス。入金額が3000円だったので、120円のマイナス。

 全然儲からないじゃん。儲からないどころか減ってんじゃん!!!

 今回は少額だから良いものの、もし100万円を入金していたらいきなり4万円のマイナスだったんですね。ひょっとしたら投資が嫌になってしまうかもしれませんね。

コロナで暴落

 入金2~3ヶ月目。そろそろ増えてんじゃないの?

 そんな期待をして証券口座をチェック。

 −27%。

 えっ??めっちゃ減ってる。たしかこの時は9,000円くらい入金してあったので、2,500円くらい減ってたんですよね。

 投資ってこんなに減るもんなの?

 儲かると思って期待をしていたのにむしろ減るばかりです。

20年に1度は暴落がある

 それから本やYouTube、ネットで情報収集を開始。

 これまでも約20年に1度のペースで暴落があったそうで、その度に株価は回復してきたみたいです。だから、投資は自分の全財産をつぎ込んでしまうのではなく、

 「これくらいなら減っても良いか

 と自分が許容できる金額を入金するのが良いようです。

4ヶ月目にようやくプラスへ 

 暴落後も淡々と入金を継続。これまで12000円を入金。

 開始4ヶ月目に初めてプラスになったんですね。1.24%ですけど。

 金額にすると120円くらいのプラスですね。この時の僕は、

「うぉー、増えた!!!これがお金がお金を不安ということか!!!」

 こんな感じ。子どもの頃に手伝いをしてお小遣い100円をもらったときみたいな嬉しさ。

 大人になってから100円で喜べることなんてあんまりないじゃないですか。

 でも投資で初めて100円の利益が出るって結構嬉しいもんです。

 入金する前は正直甘くみていたんです、100円を。

 どうせ100円の利益が出たところで何ができるんだ?そんなことじゃ何も買えないし、何も変わらないよという気持ち。

 違うんです。

 確かに100円で買えるものは限りがありますし、投資で稼いだ100円でも給与の100円でも価値は変わりません。ただ、頭ではわかったいたお金が働いてお金を稼ぐという感覚が実感できる、自分でお金を生み出したんだという感覚が嬉しかったんです。

 

入金額を増やす

 100円でも利益が出たという嬉しさから入金額を増やしました。

 3000円から10倍の3万円にしました。

 ちょっと利益が出たからといって初心者が調子に乗っているようですが、僕としてはコロナで暴落したのが、戻ってくるかもと予想はしていたのです。

スマホ代は払えるようになる

 今月の利益は3,000円くらいありました。格安SIMの場合は料金が3,000円くらいなので、スマホ代は払えますね。僕は利益も再投資していますが。

 でもこれってスマホ代は自分の給料から出さなくて良くなるってことですよね。それだけでもだいぶ気が楽になりませんか?

 今はスマホ代を支払えるレベルですが、今後入金額が大きくなれば、投資利益で水道代を払える、電気代を払える、家賃を払えるっていうことですよね。

 なんか年々生活するのが楽になっていく気がしませんか?

3000円から投資を初めてわかったこと

 ここまで投資を初めて約半年。コロナの煽りを受けれ、暴落。そしてプラスへという過程を経て多少なりともわかったことがあります。

1. 投資=ギャンブルではない

初心者が投資を躊躇する理由の1つにこの思いがあると思います。

 たしかにこの思いがあると怖いですね。投資貧乏って言葉もあるくらいですから、成功している人ばかりではないはずです。

 投資を失敗するって主にはお金を溶かしてしまうということですね。投資は増えることもある一方で、減ることもあります。

 減る額が大きいがあまりに大きいときに生活に困窮してしまう事態になってしまうとしたら、それは自分の能力に対して入金額が多すぎます。

 短期トレードなどでは短期間に多額を入金して、多くの利益は出すみたいなこともあるようですが、今回の少額投資とは全く違います。

 短期間に見ると多くを稼ぐことは難しいですが、長期的に見れば徐々に利益が大きくなっていくのが投資信託の考え方。

 ギャンブルにならない投資手法を避ければ、大事故は避けられます。

 よく使われる例えです。

 多くの人は車の免許を持っています。免許取得には3教習所に通う必要があり、30万円が必要です。

 でも車を運転して、事故を起こせば死亡することもあります。

 それでも30万円という大金を払って免許を取得します。死亡するリスクがあるにですよ。

 それは危ない運転をしなければ、事故を起こすことは少ないとわかっているからです。事実として何度も事故を起こす人もいれば、全く事故を起こさない人もますね。

 「運転が危ないんじゃない。危ないドライバーがいるだけ」

 投資も同じことが言えます。投資の仕方を学び、投資の手法や考え方を間違えなければ損失はあっても大事故はありません。

短期間で生活を変えるのは無理

 投資を始める理由として今の生活を変えたい、少しでも楽にしたいということがある方も多いと思います。

 投資を始めることで生活は楽になっていきます。ですが、徐々にです。

 半年、1年で今の生活を変えるのは難しいと思いますよ。

 リスクはプラスとマイナスの振れ幅のことで、もしそれなりのプラスを望むのであればそれなりのマイナスも覚悟しないといけません。

 たとえば、今の生活費が20万円。大体投資では5%の利益を出せたら良いと言われているので、これだけの利益を出すには証券口座に約5,000万円という大金が必要となります。

 こんなに大金は用意できないので、投資手法を変えて短期トレードをしたとします。少額で20万円の利益を出したい。その場合は一気に20万円を失うリスクも考慮しないといけません。

 これに耐えられる方ならチャレンジしてみるのも良いですが、耐えられないなら辞めた方が良いですね。

 淡々と自分お許容できる額を積み立てて、長期間で徐々に生活を楽にするというのが投資の考え方のようです。

長期、分散が基本

 投資は時間を味方に付けられるので、若いければ若い時期に始めると良いです。自分の資産を時間をかけて育てていくような感じみたいです。

 短期間で大儲けをしようとするのではなく、自分が失敗しても許容できる額を10年、20年という単位で育てていくことが、のちの生活を楽にしてくれることに繋がります。

おすすめの証券口座

 手数料が少ないネット証券がおすすめです。

SBI証券

 使ったことはないですが、投資に関する本では必ずおすすめされています。

楽天証券

 現在利用中です。楽天市場、楽天銀行、楽天カードなど普段から楽天を利用されている方におすすめです。投資商品を買う際に楽天ポイントを利用できますし、ポイントを利用することで楽天市場で買い物をする際のポイント倍率も上がります。

 これから証券口座を開設するか悩まれている方は一度こちらを読まれると一通りのことは理解できます。投資関係の本はたくさん出版されていますが、大体同じようなことが書いてあるので、この1冊を読んだら口座を開設してみてはいかがでしょうか。

Amazon

楽天市場

まとめ ネット証券を開設し、少額から入金してみよう

 まずは投資について勉強料として少額を入金をしてみるのがおすすめです。

 様子を見てから入金額を上げるのもありですね。

 それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA