元気な高齢者の特徴 10選

 いつまでも生き生きとした自分でいたいと思うことありませんか?

 人生100年時代と言われてから数年が経ちますが、どんなに寿命がのびたって元気でいられる期間が80年で残り20年はベッドの上というのではちょっと寂しいですよね。

 いつまでも元気でいたいと思うのであれば、既に元気な高齢者から学ぶのが一番です。

 僕は普段病院で働いており、年間に200人以上の高齢者とお会いしています。

 その中で高齢なのに随分元気だなと感じる方が数名いるので、その特徴をまとめてみました。

元気な高齢者の特徴

心が躍る目標がある

 80代、90代で元気な高齢者は大抵心が躍るような目標を持っています。

 心が躍るというのは「その人」にとってです。

 たとえば、孫に会うとか、オリンピックを自分の目で見るとかそういうのでも良いです。

 何歳になっても自分が楽しみしていることがあれば、頑張れます。

 

ある程度余裕を持った経済状況

 お金かーと思った方もいるかもしれませんが、経済状況がその人の精神状況と密接に関係があるのは事実です。

 元気な高齢者で経済的に困窮している方はあまりいません。というか僕は病院では見たことがありません。皆さんある程度経済的に余裕を持っています。

 しかし、お金を持っているから元気な高齢者というわけではありません。

 お金は数千万と余るほどあるのでもういらないという人もいますが、家族同士が揉めているいてお見舞いもなし、病室でずっと1人である場合は精神的にも元気がなくなっている場合が多いです。

 お金はあればあるに越したことはないです。ただ、お金さえあれば良いというわけではないようです。

 人間関係、その人の人間性、お金などがバランスよく揃うからこそ健康でいられます。

心を許せる人がいる

 人数は関係ありません。

 1人であっても、それが家族であっても友人であっても、病院職員であっても元気な高齢者には自分の心を打ち明けられる人がいます。

 多くは娘さんや息子さんであることが多いです。

 

 

 話は逸れますが、孤独と1人であることはまた別物のような気がします。

 孤独は周囲から自分は浮いてしまっている、自分のことを理解してくれる人がいないという精神的なものです。

 1人は近くに人がいないという物理的な状態。

 何歳になっても孤独は辛いものです。誰かと心の繋がりを持てているというのは生きる活力になるんだと思います。

家族が健康である

 元気な高齢者のご家族は健康であることが非常に多いです。

 「自分は元気なんだけど、家族が病気をしててねぇー」という人には会ったことがありません。

 家族が病気になってしまうと元気だったはずの高齢者も精神的に落ち込んでしまうケースが多いです。

 つまり自分だけ健康になるではなく、家族や友達も一緒に健康を目指すのが良いということですね。

頼りにされている

 誰かに期待されていることがあると言い換えることもできます。

 たとえば、家族から元気でいることを期待されているとか、早く退院して家で生活してほしいと思われているとかです。

 期待のされすぎもプレッシャーですが、バランスが大切のようですね。

 こればかりは自分でコントールできないことなので、あくまで特徴の1つということです。

花を飾っている

 元気な高齢者の病室には必ずといって良いほど花が飾ってあります。

 かといって花を飾っていない方が元気でないというわけではないですが。

 花を飾るって、精神的に余裕がないとできないことだと思うんですね。

 だって言い方が悪いですが、花がなくても困ることってあまりないじゃないですか。飾ったら花瓶も選んで、水を交換するって精神的に余裕がないとできないと思うんですね。

 花を買ってくるのは大抵家族です。家族が花を飾ろうとするだけの余裕がある精神状態であるというのが高齢者にも良い良い影響を与えるんだと思います。

花=心のゆとりの象徴

よく笑う

 ムスッとした元気な高齢者って想像つきませんよね。

 ありきたりですが、やっぱり笑顔でいる方、表情がにこやかな方は元気な方が多いです。

 色々な研究で明らかになっていますが、笑うと幸せホルモンが分泌されるそうですね。それとも関係があるのかもしれません。

 これは本当か嘘かわかりませんが、笑顔には卵一個分の栄養があるんだとかないんだとか。

 

 こんな感じで笑顔には良いことがたくさんあります。

 昔から「笑う角には福来る」っていうことわざもあるくらいですから。

 一日一笑を心がけにみませんか?

嬉しいから笑うのではない。笑うから嬉しくなる。

人生に対する理想がある

 自分の人生はこう生きたいという理想を持っています。

 「私はもう歳だからどうなっても良いんだよ」っていう人で元気な方はいません。

 良いじゃないですか、理想を持ってそれが叶わなかったとしても。失うものは何もないですよ。

 どんな状況でも前を向いて生きることが元気でいる秘訣のようです。

勉強が好き

 いつまでも学び続けるということは元気でいるコツのようです。

 元気な高齢者でずっとテレビにかじりついているっていう人は少ないです。

 趣味の書道や生花、裁縫、それ以外にも孫からインスタのやり方を教わったなんて人もいます。

 新しいことにチャレンジしてみることが心の潤いになるんですね。

感謝の気持ちを持っている

 何かにつけて「ありがとうねー」という言葉を口にします。

 言葉に出さなくても態度で伝わってきます。

 やはり人間感謝されるともっとよくしてあげたいと思うものです。感謝をする人のもとにはさらに良いことが起きます。良い循環になります。

 

 誰かに感謝の気持ちを伝えると自分の幸福感が上がるなんて研究もありましたよ。

まとめ

 元気な高齢者の特徴です。

  • 心躍る目標がある
  • ある程度余裕を持った経済状況
  • 心を許せる人がいる
  • 家族が健康である
  • 頼りにされている
  • 花を飾っている
  • よく笑う
  • 人生に対する理想がある
  • 勉強が好き
  • 感謝の気持ちを持っている

 元気な高齢者の特徴として書いてきましたが、なんとなく若者でも同じようなことが言えると思います。

 

 今の高齢者だってかつては若者であり、徐々に高齢者になっていったわけですから。ある日いきなり感謝するようになったとか、勉強が好きになったというのではなく、徐々に変わってきたんだと思います。

 取り入れられるものは少しでもマネしてみたいものですね。

 それでは、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA