職場の人間関係に疲れたら見てほしい

 仕事に行くのがつらい、いっそ1人で働けたら良いのになーって思うことありますよね。

 これってサラリーマンの人の多くが持つ悩みだと思うんですよね。

 もちろん、「仕事が楽しい」、「平日になるのが待ちきれない」なんてワクワクした気持ちで仕事ができるようになれば幸せです。

 しかし、人間が集まりますから、どうしても好き嫌いは出てしまうのはしょうがないことです。

 

 仕事に行くのがつらい、人と関わるのに疲れたという人に少しでも共感してもらえたらいいな、楽になってもらたら良いなという気持ちで記事を書いています。

 「そんなこともあるよな」とか、「それは違うだろー」とか、なんでも良いので自由に読んでみてくださいね。

職場の人間関係がつらい理由

自分の代わりはいくらでもいるという寂しさ

 職場がつらいという人はきっと「私にしかできない仕事をしてみたい」、「職場の人から頼られる存在になりたい」という思っているじゃないでしょうか。

 そうじゃなきゃ、つらいなんて思わないですよね。

 「おれぇー、金さえもらえりゃなんでもいいっす。あっ、あしたやすみますわ!」なんて人が職場の人間関係がつらくてって言っている場面を想像できません。

 仕事である程度成果を残したい。でも今の自分は全然できていないし、自分がいなくてもなんとかなるでしょ、この仕事、みたいな感じ。

 仕事ができないから、周囲から大切にされている感じがしない。だから寂しさを感じてしまいます。

職場の人同士まったく興味がない

 仕事とはそういうのもだと理解していたとしてもなんかモチベーション上がりませんよね。

 みんな自分の仕事に一生懸命ですし、仕事が終わったら自分の家庭があります。正直他の人に構っていられる余裕はありません。

 もし職場が興味がない人の集団だと心が消耗していってしまうかもしれません。

監視されている気がする

 ミスをしないか、時間通りに仕事を終わらせられるか、やり方は間違っていないかと細かく見られていては緊張してしまいますね。

 というか、僕だったら逆にそっちが気になって仕事が手につきません。

他人の悪口を聞いてしまう

 自分が言われていなくても心が消耗してしまうものです。

 「次に言われるのは自分だろうか」とビクビクしてしまいますね。

 自分の上司が言われているとか、同僚が言われているのであればよけいです。

できて当たり前、ミスして叱られる

 社会人なので当たり前と言われればそれまでなのですが。 

 「ミスしたとこはしっかり気づいて怒るんなら、しっかりやったときもありがとうとか言ってよー」って思っちゃいますよね。

 

ずっと同じ環境

 部署移動、転職をしない限り、数年間同じ人と働きつづけますね。

 好きな人同士、尊敬できる人なら良いですが、苦手な人や嫌いな人だとうわーって感じです。

 胃がキリキリ。

 そして職場で付き合う人は選べません。

 付き合う人を選べないというのはサラリーマンの特徴かもしれませんね。

 

人間関係に疲れているのはあなただけじゃない

人間なので好き嫌いがある

 恋人同士で始めた同棲、仲の良い友人同士で始めたルームシェアだってだんだん関係がギクシャクしてくるなんてことがあるんです。

 寝食は共にしないとしても、ただ働く場所が一緒という人と数年、多ければ数十年一緒にいるんです。嫌なところの1つや2つ見つかって、人間関係に疲れることは誰だってあります。

 それが自然なことだと思います。

 

あなたが嫌だと感じている人もきっと人間関係に疲れている

 「もっと仕事を早くやってほしいんだけど」、「あの資料まだできてないの」とあなたのプレッシャーになっている人がいたとします。

 きっとその人も上司や上に偉い人に急かされているんだと思います。

 課長は部長に何か言われているのかもしてない、部長は社長に・・・。

 社長だって、会長とか理事長になにか言われているのかもしれない。こう考えると職場で疲れているのは自分だけじゃないかもしれないって思えてきますよ。

職場の人間関係に疲れたらやってみてほしいこと

高級旅館を予約してみる

 いきなり現実逃避かよなんて思わないでくださいね。まあ現実逃避できますが。

 結構おすすめです。

 理由はこんな感じです。

  • 旅館に泊まることが楽しみになる
  • 視野が広がる
  • 自宅に篭りきりになることを避ける

 人間関係に疲れているときってどうしても何をやるにしてもおっくうになってしまうんですよね。

 朝は遅くまで寝て、カップ麺を食べて、YouTubeとかゲームをしてもう18時。

 なんとなく罪悪感じながら週末を終えるなんてことありませんか?

 これだと疲れが溜まってしまいますし、仕事のスタートも悪くなってしまいます。

 半年に1回でも良いですし、時間がなければ年1回でも良いです。

 自分が本当に泊まってみたいと思う旅館を無理して予約してみませんか?旅館に泊まる人を楽しみに仕事ができますし、こんなところがあったのかと心が豊かになって視野が広がりますよ。

映画を見て泣いてみる

 疲れているときは感情が薄れてきていることがあります。そんなとき思いっきり笑ってみたり、泣いてみたりするのが良いと思います。

 個人的には泣ける系の映画がおすすめです。

 疲れているときは思いっきり笑えないことがあるので、泣く方が簡単だと思います。

 個人的なおすすめはこちらです。

カフェに行く

 自宅から職場の往復のルーティンを変えられればどこでも良いです。

 香ばしいコーヒーの香りをかいで、ゆっくり飲んでみて下さい。

思いを全部紙に書き出す

 人に言えないあんな思いやこんな思いを思う損分紙に書き出してみて下さい。

 大丈夫です、自分だけしか見ていないんですから思い切り吐き出しましょう。

 保存方法には注意して下さいね笑

 これらは直接人間関係を良くする方法ということではありませんが、疲れているときはとにかく視野が狭くなりがちです。

 疲れるということはもう十分一生懸命やっていると思うので、心の整理をする時間が必要です。

まとめ

 人間関係は喜びを運んできてくれることもありますが、人間関係で疲れてしまうこともあります。

 長く職場に勤めていたら嫌になることだってあります。

 そんなときに少しでも自分の心が動くものがあると気持ちが良い感じに整理されることがあります。自分の居場所は職場だけじゃないんだと気づくきっかけになります。

 もし良いなと思うことがあれば取り入れてみてください。

 ほかにこんな方法が良いよーなんてことがあれば教えていただけると嬉しいです。

 それでは、また。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA