【気をつけて】Twitterの勧誘で高額商材を買わされる3つのキーワード

 「自己流じゃいつまで経っても稼げるようになりませんよ」

 こういった言葉に踊らされて、数十万もする高額商材を買わされそうになった経験ありませんか。

 僕はつい最近Twitterやブログを始めて、色んな方からメッセージをいただくことがあります。ありがたいことです。

 ブログの感想もいただくこともありますが、なかにはネットビジネスへの勧誘も多くありました。

 というかTwitter初心者を狙ってネットビジネスへ勧誘しているんじゃないかなという思ってしまうほどの内容もありました。最初のうちは僕をネットビジネスへ勧誘しているのか、それとも純粋に絡んでくれているのかわかりませんでしたが、2ヶ月経ってようやく判断がつくようになりました。

 Twitterを始めて1週間くらいはフォローしてくれるのが嬉しくて全然気がつかなかったんです。純粋に自分の記事を面白いと思ってくれているからフォローしてくれているんだなって。

 でもふと思ったんです。フォローワーが1000人もいるような人がなんで僕をフォローするんだろう?

 だって普通に考えて、Twitterを始めたばかりの初心者をフォローする理由ってあんまりなくないですか?考えられるとすれば初心者をネットビジネスへ勧誘しようとしているからかもしれないなと思ったんです。

 実際、TwitterのDM→LINE電話→勧誘なんて流れもありましたし。

 僕は特に高額商材等を購入してしまうことはありませんでしたが、初心者をネットビジネスに勧誘しようと思っている人が共通して使うキーワードを3つ見つけました。

 「もしかして俺はネットビジネスのカモにされようとしているのか?」と不安になっている人は照らし合わせながら見てみてくださいね。

高額商材を購入させようとする人に共通する3つのキーワード

どん底エピソード

 これは大方共通していますね。

 みなさん、必ずどん底を経験されているようです。

 おそらく自分のどん底エピソードを話すことで、相手に「僕と同じ境遇だったんだ。そんな人でも成功しているなら、僕でも可能性があるかもしれない」と思わせるための手段かもしれませんね。

 ブラック企業であったり、低賃金の労働、受験勉強に失敗などがあるあるです。

どん底エピソードには要注意!

ビジネスを教えてくれた師匠

 勧誘された経験のある人なら首が引きちぎれるほど頷いて共感してくれるほどあるあるではないでしょうか。

 どん底エピソードからの人生を変えてくれた師匠に出会うパターンは勧誘のあるあるです。

 そしてこう付け加えられます。

 「やっぱり自己流でやっていても全然稼げませんでした。だがら思い切って師匠にお金を払いノウハウを教えてもらいました。そしたら数ヶ月で給料が発生しました」

 大体初心者はここで引っかかってしまうと思います。

 僕もプロから教えてもらえば稼げるようになるかもしれないと。

 すぐに稼げるようになりたい、手っ取り早く稼げるようになりたいという気持ちの隙をついてきます。

僕が紹介すればコンサルが受けられる

 「今なら僕の師匠からコンサルが受けられます。 

 費用は30万円くらいでちょっと高いですが、プロからコンサルを受けることでビジネスの基礎を抑えられます。そうすると何にもで応用が効きます。でも師匠も忙しいので多分来月になったら別の方のコンサルの予約が入ってしまいそうです。

 どうします。会うだけあってみますか?僕たちは本気で成長したいと思っている人の役に立ちたいんです」

 

 はいっ!ぜひ!

 こうなったら良いカモにされてしまいます。

 注意しましょう。

まとめ プロから学ぶは成長したあとで良い

 こんな高額な商材は初心者が受けるべきものじゃないです。

 初心者だったら無料でも学べるテキストがたくさんあるはずです。

 なるべく最短で稼ぎたい、楽をして稼ぎたい、努力をしているけど全然稼げないという気持ちを持っているときにこういった罠にハマってしまいます。

 その10万、30万はあなたが一生懸命働いて稼いがお金です。

 もっと心の豊かになれることに使ってみませんか?

 自己投資と安易に楽を求めてお金を払うことは違うはずです。

 不本意なビジネスへの勧誘でお金を失ってしまう人が1人でも減ることを願います。

 それでは、また。 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA