大きな決断をするならば、犠牲を覚悟する

 社会人になってから色々と挑戦してみたいことが出てきています。

 あれもやりたい、これもやってみたいと。ほとんどノーリスクでできることもあれば、結構犠牲が強いられることまであります。具体的にはまたの記事で書いていきます。

 

 「チャレンジするのにいつからでも遅くない」という言葉を聞きます。

 その通りだと思いますし、僕はこの言葉が好きです。

 なんだか心が明るくなるじゃないですか。もう年だしって諦めるのはなんだか寂しい。何歳になってもチャレンジし続けるのはすごく良いことだと思うんですね。

 でも、なかには年齢である程度チャレンジできるか決まってしまうものがあります。

 プロスポーツ選手とか、医師免許などなど。

 叶えるまでに時間がかかりますし、30代以降だと難しくなります。

 だからある程度早くに決断する必要がありますが、挑戦する以上必ず実現できるという保証はありませんし、実現してからも相当な犠牲があります。

 時間的な拘束、心理的にプレッシャーがかかったり。

 その分メリットも大きいわけですが、こればかりは自分の価値観に従って判断するしかないです。

 自由な時間や心の余裕を重視したいのであれば、こういった犠牲より安定の方が良いかもしれませんし、やりがいや社会的地位を重視するのであれば犠牲があってもチャレンジするかもしれません。

 自分が何を重視するのかを他人の価値観に流されることなく、判断していきたいものですね。そして大きな決断をするならば、それなりに犠牲がある可能性を考慮したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA