所有するという煩わしさ

 昔は出来る限り自分のものを持ちたいなという気持ちがありました。

 車を購入してからは自分のものを所有することに煩わしさを感じるようになってきました。

僕は毎日通勤するのに車を使います。雨の日も風の日も安全に自分の体を職場まで運んでくれる車には感謝をしています。運転することも好きなので、休みの日に長距離ドライブをすることもあるので、ずいぶん車にはお世話になっています。

 ただ、手入れが少々手間。2年に1回の車検、ワイパー交換、オイル交換、ボディーに傷がついたら補修など。

 僕の性格が細かいのもありますが、どうしてもこの細かい作業が疲れてくるんですね。

 「また傷がついてる、修正しなきゃ」、「だいぶ距離数乗ってきたな。あと数年したら寿命だから買い換えないといけないなー。そしてたらまた100万くらいかかるな」とか考えるだけで、気がつくとドッと疲れが溜まってくるんですよね。

 僕はまだ自分の家を持ったことないですが、多分家を買ってもそうだと思いますし、そのほかのものであっても気にしてしまいます。

 きっと物を大切にし過ぎてしまうんですよね。

 だから極力物を持ちたくないです。少ないもので暮らしたい。

 

 物が増えると心が疲弊してくる気がします。

 少ないもので、出来る限り心の消耗を減らしたい。

 

 気にしてしまう几帳面な性格はきっと幼い頃からの癖で心の根底にこべりついているのものだと思うのでなかなかすぐには治らない。

 だったら、気にする要素を減らしたい。そんなふうに思うんですね。

今日はここまで。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA