中距離恋愛から結婚。住む場所はこんな感じで決めた。

悩む男性
悩む男性

中距離恋愛中の彼女と近々結婚するんだけど、住む場所ってどうやって決めたら良いんだろう?

 

このような疑問に回答します。

  

本記事の内容
  1. 住む場所を決めるまでの流れ
  2. 住む場所はいつ頃から探し始めた?
  3. 住む場所を決める上での注意点

本記事でいう中距離恋愛とは片道2時間前後の距離での恋愛を指しています。

 

筆者について
  • 中距離恋愛を3年経験し結婚
  • 神奈川県と千葉県(片道2時間以上)
  • 結婚するまでは実家暮らし

私はずっと実家暮らしだったので何から何まで分からないことだらけでした。

 

どのように住む場所や物件を契約したのか。経験したことや調べたことを本時期にまとめたので参考になれば幸いです。

 

 

中距離恋愛から結婚。住む場所を決めるまでの流れ。

大まかな流れはこんな感じでした。

 

住むエリアを決める

いつ頃から一緒に暮らしたいかを決める
契約したい物件の条件を考える
物件検索アプリで探す
内見する
契約・入居

住むエリアを決める

中距離恋愛をしていたカップルが住む場所を決める場合、仕事をどうするかが課題になります。

 

私たちはお互いの職場の中間地点に物件を借りると、お互いが職場まで片道1時間半〜2時間になってしまう状態でした。

 

話し合いの末、相方さんが仕事を辞め私の職場の近くで物件を借りることにしました。

 

中距離恋愛からの結婚はどちらが職場を変更するなどライフスタイルが大きく変わる可能性があります。

 

住むエリアを決めるというのが第一関門です。

 

 

いつ頃から一緒に暮らしたいかを決める

今すぐなのか、半年後なのか、1年後なのか。それによって物件探しを始めるタイミングも変わってきます。 

 

お互いの仕事の都合によっても変わります。

 

2〜3月に引っ越しを検討している場合は引越しシーズンと重なるので早めに物件探しを始めた方が良いです。

 

契約したい物件の条件を考える

エリアによっては物件がたくさんあります。

 

家賃、広さ、築年数、駅からの距離。条件が絞りこめていないと理想の物件に出会いにくいです。

 

お互いが重視するポイントを話し合いながら決めるのが重要です。

 

私たちは以下のような条件で物件を探していました

  • 2LDK
  • 駅から徒歩20分以内
  • 専有面積45㎡以上
  • 築後年数10年以内
  • バス・トイレ別
  • 追い焚き風呂
  • 室内洗濯機置き場
  • 洗面所独立
  • フローリング
  • エアコン付き
  • ウォークインクローゼット
  • 駐車場有

 

物件検索アプリで探す

住みたいエリアと条件が決まればあとはアプリを使って探していきましょう。

 

直接管理会社に行っても良いですが、紹介される物件はアプリで提示された物件とさほど変わりません。

 

管理会社ではそこでしか取り扱っていない物件のみが紹介されます。

 

実際に管理会社に出向くのは良いと思える物件が数カ所絞れてからで良いです。

 

自分の好みの物件の傾向が分かってから管理会社へ足を運ぶという流れの方が効率的に理想の物件に出会えます。

 

賃貸物件検索 SUUMO(スーモ)でお部屋探し

賃貸物件検索 SUUMO(スーモ)でお部屋探し

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

内見をする

ある程度目星が付いたら内見をさせてもらいましょう。

 

物件によっては人がまだ住んでいて内見ができないこともあります。

 

特に人気の物件だと内見待ちをしている段階で他の人に契約されてしまうこともあります。

 

どうしても逃したくない物件が見つかれば内見をせずに契約が必要になります。

 

そこまでこだわりがない場合は内見ができるまで待つということになりますが、この判断がなかなか難しいところです。

 

契約・入居

内見が済んだら、ようやく入居です。内見から契約まで大体1ヶ月くらいかかることが多いようです。

 

住む場所はいつから探し始める?

動き始めるのは1ヶ月前からで良いと思います。

 

1ヶ月以上前から物件探しを始めても内見もできないことが多いからです。

 

良い物件が見つかっても契約を待ってもらえないのです。 

 

1ヶ月以上前から動き始めないと不安だという場合はどこのエリアに住むかや理想の物件の条件を考えておくのがおすすめです。

 

「このエリアはこんな物件が多いんだ」、「相場はこのくらいなのか」と調べておくだけでも勉強になります。

 

実際に管理会社に出向いたり、内見をするのは1ヶ月くらい前からで充分です。

 

住む場所を決める上での注意点

住みたいエリアの周辺を歩いて確認しておく。

中距離恋愛をしているとお互いの住んでいる地域の情報がよく分からない場合もあります。

 

スーパーや病院、駅など生活にする上で必要な場所へのアクセスのしやすさも確認しておきたいところですね。

 

物件検索アプリは毎日チェック

可能な限り毎日不動産サイトをチェックするのが理想です。

 

人気物件は掲載された翌日には契約者が決まってしまうからです。

 

私たちもかなり苦戦しました。

 

ようやく理想の物件を見つけたと思い、管理会社に電話をすると「昨日契約者が決まってしまいまして」と言われることが2度ほど。

 

物件検索アプリのチェックは1日5分もあれば終わりますので、毎日チェックは意識したいところです。

 

人気のエリアの物件は掲載前に契約者が決まることもある

物件検索アプリを一通りチェックし終えたら早めに管理会社へ足を運びましょう。

 

理由はまだサイトに掲載されていない物件を紹介してもらえる可能性があるためです。例えば新築とか。

 

私たちもサイトに掲載前の物件を紹介してもらえたのですが、6部屋のうち既に1部屋は契約されている状態でした。

 

人気のエリアの物件は早めにサイトに掲載される前に契約者が決まります。

 

最後に

物件を探し始める際はできれば毎日物件検索アプリはチェックするのが良いです。

 

あとは「良い!!」と思える物件に出会ったら、即行動をすることです。

 

物件検索アプリはSUUMO一択です。

 

賃貸物件検索 SUUMO(スーモ)でお部屋探し

賃貸物件検索 SUUMO(スーモ)でお部屋探し

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA