20代共働き夫婦の家計簿。【2021年8月分】

結婚をして2人暮らしを始めてから3ヶ月が経ちました。ようやく何にいくらかかるのか、1ヶ月にどれくらいあれば生活できるのかがつかめてきたところです。

 

月20万円以内で生活することを目標。適度の楽しみにもお金をかけるというスタンスで心にゆとりを持って生活いくことを心がけています。

 

月20万円以内で抑えたい。20代共働き夫婦の家計簿。【2021年7月分】

 

20代共働き夫婦の家計簿 収入編

現在の生活環境

先月と変わりません。こんな感じで暮らしています。

 

  • 夫婦2人暮らし
  • お互い20代後半
  • 夫 病院相談員
  • 妻 看護師
  • 都心から車で2時間の関東在住
  • 2LDK
  • 軽自動車を1台所有

 

収入

8月の夫婦の収入です。

 

  • わたし 20万円
  • 妻 30万円
  • 合計 50万円

手取りです。年間を通して大体これくらいの月収が平均的です。

 

楽天ポイント

先月は9,988ポイント貯まりました。家賃、クレジットカードの引き落とし、日々の買い物。あらゆる支払いを楽天カードにまとめることで貯めたポイントです。

 

CMの通りザクザク溜まる上に、使える場所も多いので本当に楽天ポイントは助かっています。

 

注意点としては期間限定ポイントになることも多いので、1ヶ月以内に使いきれらなければならないと使命感に駆られる点です。

 

楽天プレミアムカードを持つと『年間約4万円得をする?』【年会費を払う価値がある】

 

20代共働き夫婦の家計簿 内訳

生活費

今月も支出が多くありました。

 

  • 家賃(管理費、駐車場代込み) 7.7万円
  • 水道光熱費 0.9万円
  • 食費 4.8万円
  • 日用品 1万円
  • 車関連 2万円
  • 通信費 0.6万円
  • 奨学金返済 0.7万円
  • 特別な支出 20万円
  • お小遣い(夫) 0.5万円
  • お小遣い(妻)1万円
  • 交際費 2万円
  • 合計 42.2万円

 

食費

先月は5.3万円でしたので、少し抑えられました。外食も何度かしています。目標は4万円なので5万円以内であればまずまずだと思います。

奨学金返済

先月は家計簿に含めていませんでしたが、実は月々奨学金の返済をしてます。大学時代の4年間(4年生では借りず)に月3万円を借りていました。

 

ありがたいことに無利子で借りることができたので、社会人になってからの返済は月7,000円ほど。

 

社会人1年目から貯めてきた貯金もあるので一括返済も考えたのですが、月々の返済に負担を感じていないことから予定通り10年かけて返済することにしています。

 

奨学金を返済したことで一気に貯金残高が減ってしまうと心が寂しくなってしまうので。現在の心の余裕を重視しての判断です。

特別な支出

来年3月に予定している結婚式に向けての準備のための費用です。

投資信託

私が独身時代から始めました。2020年2月に月1,000円でインデックスファンドを購入。約1年半が経過し、現在は妻と相談し月5万円を積み立てしています。残りを全て貯金です。

 

20代から始める資産運用ブログ 毎月の運用実績を公開【運用10ヶ月目】

 

20代共働き夫婦 8月に買ってよかったもの

山崎実業 tower シリコーン料理スプーン

1,000円くらいの買い物でしたが、すごく良い商品だと思いました。

 

少し置いておきたいときなどはスプーンの部分がつかないような設計になっています。

 

さらにスプーンの部分で小さじと大さじが測れるようになっているのが、嬉しいポイント。

 

かなり使い込んでます。シリコンですが、熱で溶けてしまうということもありません。

 

 

山崎実業 棚付き伸縮排気口カバー

調味料の棚としても活用できますが、フィルター汚れ防止としても大活躍です。

 

カバーを外すとこんな感じです。伸び縮みするので、一般的なフィルターの大きさであればフィットするかと思います。

 

賃貸なのでキッチンは広くありませんが、カバーを購入してから有効活用できております。

 

 

ランドリーバスケット

汚れた洗濯物を入れるのに購入しました。ずっと探していたのですが、今の家にフィットするものがなくて。

 

妻がInstagramで見つけてきてくれました。

 

この通り、ジャストフィットです。

 

 

まとめ

2021年8月の我が家の収支です。

  • 収入 50万円
  • 支出 42.2万円
  • 投資信託 5万円

 

妻と暮らし始めて3ヶ月。徐々に生活費の全体像が見えるようになってきました。今はお金の貯めどきだと思うので、将来に備えてしっかり貯金もしていこうと思います。

 

ただ、必要経費はケチらず。今月もがんばっていきましょう。

 

年収300万円でも幸せに暮らせる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA