生活43.9万円だった。20代共働き夫婦の家計簿【2022年12月】

2022年12月の家計簿をつけたので振り返ります。

20代共働き夫婦の家計簿 収入編

現在、病院の相談員として勤務する夫と看護師の妻の2人暮らし。

ついに今月子どもが生まれる予定です。あと数日といったところでしょうか。

  • 夫婦2人暮らし
  • お互い20代後半
  • 夫→病院相談員
  • 妻→看護師(産休中)
  • 都心から車で2時間の関東在住
  • 2LDK賃貸暮らし
  • 軽自動車を1台所有

12月の収入

12月は夫婦2人ともボーナス月です。

20代共働き夫婦の家計簿 内訳

Googleスプレットシートを使い家計簿をつけております。

まずは我が家の支出の全体像から。

細かく記録しているようですが、クレジットーカードの履歴がアプリに反映されていますので、それをまとめ直しているだけです。

家計管理で意識していること

・支出を2つに分ける

・生きるのに最低限必要なお金(基礎生活費)

・心の豊かさに繋がるお金(ゆとり費)

基礎生活費

ガス代

以前は長距離通勤でほとんど家にいませんでしたが、最近では家で過ごす時間が増えました。

そのあたりも関係しているのかもしれませんね。

食費

「できれば4万円に抑えたいね」と妻と話していましたが。

多少のオーバーは許容範囲としましょう。


トータルで見ると約6,000円オーバーです。

ゆとり費

夫婦それぞれで結婚式に招待していただきました。

ウィスティンホテル東京での結婚式に参加させていただいた。

お小遣いについては来年から年間1人40万円を予算にすることにしました。

20代共働き夫婦の家計簿 貯蓄率編

最後に

12月の生活費全体です。

1年間の収入と支出を集計してみた。

1年間、地道に家計簿つけてきましたので、年末に集計を行いました。

2023年からは集計方法を少し変えてみようと思っています。予算も立てたので、別途記事にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA