社会人2年目手取り18万円でも将来の不安は絶えない。

いくら稼げば満足するのだろう。

 

現在の私は病院の相談員として勤務をしている。病院からの収入のみで生活をしているわけだが、仕事量に対して今の給与に特に不満はない。

 

だが、将来への不安はある。

 

先月初めての昇級を迎え、月3,000円ほど給与がアップした。

 

上司に聞くと良くて月5,000円ペースで上がっていくと。

 

だととしても10年間で約5万円。上がるだけ嬉しいがちょっぴり寂しい。

 

勤め人である以上、こういった給与形態なのは致仕方ないことだ。

  

こんなことを考えているとふと思う。

 

今の生活費でも生活できないことはないし、工夫をすれば貯金も可能な水準。だけど、さらに稼ぎたいという思いがある。

 

いったい私はいくら稼げば満足するのだろう。今の収入の10倍、100倍稼げるようになったら満足するのだろうか。

 

社会人2年目。昇給額が3000円で将来が一気に不安になったんだけど。

 

自分史上手取り18万円はそこそこ裕福なのでは?

まずは自分の経験を振り返ってみる。

  

私は数千万円などという大金を稼いだことはないが、自分の収入を増やしたことはあった。

 

たとえば、学生時代から社会人になったとき。

 

皿洗いや夏休みの田植えの短期バイトなどの色々なアルバイトをしたが、奨学金もあり、平均して月に約6万円の収入だった。年収にして70万円ほど。

 

その当時は不満がなかったし、学生生活を楽しむには十分な額だった。

 

貯金もできていたが、もっと稼ぎたいという思いも今と変わらず持っていた。

 

社会人になり、勤め先からの初任給。給与は学生時代の収入の数倍になった。

 

満足度は果たしてどうなったか。

 

ものすごく上がったし、非常に嬉しかった。最初は。

 

入職後、半年を経過したあたりには今の給与にもなれてしまい、満足度は学生時代とほぼ変わらないほどになった。

 

むしろ学生時代より将来への不安がある分、満足度は下がっているのかもしれない。

 

なぜだろう。年収は数倍あがっているのに満足度は低下する。

 

手取り18万円でも手取り100万円でも満足度は変わらない?

いったいいくら稼げば、満足度は高まるのだろう。

 

ネットで調べると年収800万円を超えるとそれ以上稼いでも満足度は変わらないらしいが本当なのだろうか。

 

私なりに年収を稼いでも満足度が上がらないと思う原因をまとめてみた。

 

  • 周囲と比較をしている
  • 将来に不安を感じている

 

周囲と比較をしている

学生時代だと年収で自分と他人を比較する機会がそんなになかった。

 

学生の本業は勉強をすることなので稼げなくて当然という見られ方をするからかもしれない。

 

年収で自分と他人を比べることはないので劣等感を感じることはない。

 

だが、社会人になると急に自分の価値が年収で測られるような気がしてくる。

 

就職をする理由のほとんどがお金を稼ぐためだから、自然と社会人になる=自分で稼げるようになるという考えになってしまうのは自然かもしれない。

 

もちろん自己実現のために働くという人もいるかもしれないが、私は今の仕事で給与がでないとなったら、働かないと思う。つまり最終的にはお金のため。

 

学生=勉強をする人 → 学歴で判断されやすい

 

社会人=自分でお金を稼げる人 → 年収で判断されやすい

 

こういった構造。しかもその年収が高い低いというのも周囲との比較で決まる。

 

一般的な家庭では年収1000万円もあれば、僕が住んでいる田舎ではだいぶゆとりのある生活ができるし、お金持ちの仲間入り。

 

しかし同じ1000万円を稼いでいても自分が富裕層の中に混じっていたら貧乏人に感じるかもしれない。

 

話は逸れるが、高級車として名高いベンツやBMWも富裕層が多く住む港区では一般人が乗る車として見られるらしい。

 

本当の富裕層が乗るのはロールスロイスやベントレーみたいだ。もちろん車種にもよるのだろうが。

 

年収は絶対的なものではなく、相対的なもの。周囲との比較で判断をしている限りは満足できないのかもしれない。

 

将来に不安を感じているから

これも学生時代とは異なる点。学生時代は今の収入に対して将来の不安はなかった。

 

社会人になれば、満足するだけの年収を稼げると思っていたし、余裕を持って生活ができると信じていた。

 

つまり、収入に関して未来は明るかった。

 

実際に就職してみると10年働いても大きくは上がらない年収、引かれる税金、ますますかかる生活費に不安を感じることが多くなる。

 

未来に対してあまり期待を持てなくなる。それに比例して満足度も低下する。

 

手取り18万円でも幸せに暮らすことはできるのでは?

ここまで考えてみると年収では満足しないのではないかという考えに至る。

 

年収よりも今の人が自分が望む生き方や生活ができているかによるところが大きいのかもしれない。

 

仕事ばかりで家族との時間が作れない、趣味ができないのであれば満足度は低い。

 

一方で年収は周囲よりも低いけれど、場所や時間に縛られることなく生活できているのであれば、満足度は高いかもしれない。

 

お金は自分の望む生き方を実現するための道具

 

自分の収入と満足度は一旦切り離して、お金以外で満足度の高まる生き方を考えるのが良いのかもしれない。

 

年収300万円でも幸せに暮らせる理由

 

まとめ

年収がアップして感じる満足度は長続きしない。

 

半年もすれば、年収がアップしたときに感じた満足度は色あせてしまう。

 

満足度が高まるとしたら、

 

  • 今の年収で自分の望む生き方ができる
  • 年々右肩上がりに良くなっていて未来が明るい

 

これらを実感すること必要。決して◯◯万円稼いだから満足度が高まるわけはない。

 

私が数千万円という大金を稼げる日が来たとしたら、改めて考察してみたい。

 

今よりも説得力のある感想となることだろう。

 

社会人2年目実家暮らし。お金の本を5冊読んでわかったこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA