お金持ちになった人が貧乏な頃から習慣にしていること

 思わず気を惹かれるナイスなタイトルですよね。

 僕もネットで見つけて即買いしてしまいました。

 この本によると、お金持ちになった人にはお金持ちになる前から実践している共通点があるそうです。

 それは、お金の守り方や増やし方ではありません。

 「使い方」です。

フライトくん

なんか意外だね。もっとさ、投資の仕方とか、貯金の仕方とかの方に気を使っているのかと思っていたよ。

そうなんじゃよ。使い方こそがお金持ちになる秘訣じゃったんじゃ。何にお金をかけるかがお金持ちと一般人の差なんじゃよ。

ゲート博士

 本を読んでこれは実践できそうだなってことをまとめてみたので、見てみてください。

お金の自由を手に入れる人は収入の5%をこれに使う

お金を回収できる学び(勉強)に使う

 貯金や投資ではありませんでした。

 自分の学びのために使っていたのです。

 月15万円のお給料の人は約7500円を、30万円の人は15,000円ですね。

 これらの金額をいわゆる自己投資に使っているのです。

フライトくん

でも、それはお金持ちだから、そんな風にお金が使えていたんでしょ。
どうも違うようじゃよ。お金に余裕がないときからコツコツと自分の勉強に使っていたんじゃ。

ゲート博士

 言い換えると学んだ知識をお金に変えるスキルを高めていったということになります。

資産運用が先ではなく、学びが先

お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること

もっともローリスク・ハイリターンの商品は自分自身

 投資をやるにしても必ずリスクがつきものです。

 大きなリターンを得ようとすれば、大きなリスクを取らないといけません。

 それに引き換え、自分というのは少しのきっかけで大きく成長することがあります。そのタイミングがいつかは人によりますが、常に自分を磨き続けるという意識があるからこそ、チャンスをつかめたり、波にのれたりするということみたですね。

 それになるべく早いうちにお金の自由を得たいという場合はサラリーマンだけだと、限界があります。自分で稼ぐ力を身につけていた方が経済的に自立をするのは早い人が多いようです。

お金の不安を消した人はみんな同じ道を歩んできた

自分で事業を持っているか、副業か

 経済的自由を手にした人の特徴としてはサラリーマンよりかは、自分で事業を起こしているか、副業をしている人の方が多いみたいですね。

 もちろんサラリーマンでも経済的に余裕があるという人はいると思いますが、時間がかかります。

 サラリーマンをしながら、経済的自由を達成した人の多くは副業をして給料より副業での所得の方が多くなっている人たちです。

 普通の会社員がお金の不安を消すパターンとしてはこんな感じです。

STEP.1
勉強を始める
本を読んだり、自分でお金を稼ぐ力をつけられるようなスキルについて学ぶ
STEP.2
実際に始めてみる
失敗しても、どんなに拙くても手を動かす
STEP.3
ちょっとだけ成果が出る
たとえ1円でも100円でも稼げるようになれば自信がつきます。
STEP.4
継続
伸び悩む時期もありますが、辞めずに継続
STEP.5
本業に追いつく
給料が本業に追いついても続けたければ、今の仕事続ければ良いのです。副業で稼げたことで選択肢が生まれます。

自己投資の時間とお金を確保する

 給料から何とか5%を捻出し、自分の勉強にあてること。勉強するための時間を確保することが重要ということです。

 いつも会社で残業をしている2~3時間。年間に直すと480時間〜720時間です。

 これだけの時間を自分の勉強に使っている人とダラダラと残業に人とで数年後に差がでないわけありません。

まとめ

 お金持ちが貧乏なころからやっていること。

 それは収入の5%を自分の勉強に使うということです。

 少額でも良いんです。本を全く読まなかった人は1ヶ月に1~2冊本を読むだけでも良いんです。

 将来の自分の勉強のためにお金と時間を使うことで一歩、経済的に余裕のある未来へ近づいていきます。

 それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA