望楼NOGUCHI函館がまさに大人の隠れ家だった。

北海道函館市にある望楼NOGUCHI函館に宿泊してきました。

望楼NOGUCHI函館の外観

外観を見た瞬間、心躍った。「今日はこのホテルに泊まれるのか、函館に来て良かったな」と。泊まる前から大満足。そんなホテルだ。

函館市電湯の川線

函館空港からは路面電車で向かう。揺られること約20分。

最寄りの湯の川温泉駅

湯の川温泉駅から徒歩5分ほどに位置する望楼NOGUCHI函館。このあたりは温泉街でいくつかのホテルが点在している場所だ。

なかでもひときわ目を引く高級感のあるホテルが望楼NOGUCHI函館だ。

望楼NOGUCHI函館のお部屋

望楼NOGUCHI函館のロビー

14:00頃チェックイン。館内に入りすぐ心を持っていかれた。「望楼NOGUCHI函館、好き」。

ロビー脇のラウンジ

なんだここは、隠れ家じゃないか。

お部屋の全体像

雰囲気から良い部屋だと想像できる通路。

期待を膨らませる重厚感のある扉。

エントランスには丁寧に揃えられたスリッパと階段がある。今回は人生で初めてのメゾネットタイプのスイートルームを予約した。

1階にある和室

エントランス脇には和室のお部屋があった。布団も用意されている。2階に露天風呂付きの素敵な空間が広がっていたので今回は利用せず。

吹き抜けの螺旋階段を登って露天風呂付き客室へ向かう。

メゾネットタイプのスイートルームの2階エリア

2階は120平米のお部屋で、ものすごく広く感じる。あまりにも広くて写真に入りきれていないが、後ろにソファーやテレビもあるのだ。

ソファーがベッドでも良いんじゃないかと思うほど大きい。171cmの男性でも悠々寝転べるサイズ。ブラインドを開けると函館空港が見える。

スイートルームからの眺望

ブラインドを開けると上の写真のような景色が広がっています。予約をするときに函館空港側でお願いしました。

写真では見えないほど小さくなってしまっているが。

ベッドも広々。

浴室

露天風呂客室を予約した。温泉に浸かりながら函館の街を一望できる。

浴室も足を伸ばしてもまだ余裕があるくらい。

脱水所

排泄するだけの空間にしておくのはもったいないほど洗練された空間。

アメニティ、設備等

お部屋には広めのミニバーがある。

コーヒーミルも完備。

コーヒー豆、紅茶も豊富に取り揃えられている。個人的には写真左下のコーヒー豆がとても気に入った。

冷蔵庫の飲み物は全て無料。嬉しい。

脱水所のアメニティもテンションの上がるものが揃っている。

L’OCCITANEもあった。

ふわふわのバスタオル。

  • 歯ブラシ
  • カミソリ
  • ヘヤーブラシ
  • ボディースポンジ
  • コットンセット など

寝具はパジャマと浴衣とガウンの3種類から選べる。

高級ホテルに置いてあるドライヤーはレプロナイザーであることが多い。ザ・リッツカールトン東京でもこちらのドライヤーが採用されていた。

【ザ・リッツ・カールトン東京】六本木の5つ星ホテルに泊まってきた宿泊記。また行きたいと思える最高のホテルだった。

望楼NOGUCHI函館の館内の様子

正面玄関

館内の概要はこちら。

ロビー

1階ロビーのカウンター

14:00頃のチェックインだったため私たち以外にお客さんはいない。背筋がピンッ伸びるほど洗練されている空間だ。

1階入り口

カフェ

1階ロビー脇にあるウォーター・サイド・カフェYUGEN

チェックインを済ませ、部屋に行くまでの間にお団子とお茶をいただいた。

老舗和菓子店「銀月」のお団子

茶室

カフェの奥には茶室の夢窓庵がありました。今回の宿泊では特に使用しなかったが、今度はここで抹茶を飲んでみたい。

文庫

ライブラリーのぐち文庫

1階はカフェ、茶室、文庫と盛りだくさん。

さまざまなジャンルの本を読むことができる。気になる本があれば借りて部屋で読むことも可能だ。

タイプライターもあった。

ビリヤード台

SALON ISARIBI

文庫の奥にはビリヤード台も。

ラウンジ

BAR long good-bye

一度はホテルのバーラウンジに行ってみたかったので、今回初めて利用した。

名前は忘れてしまった。
ギムレット

売店

売店Shops N

スカイラウンジ

SKY SALON BOUKYOU

客室の次に楽しみにしていた場所。函館の街が一望できる。

フリードリンクもある。

望楼NOGUCHI函館での食事

今回は素泊まりでの予約でしたため、望楼NOGUCHI函館から徒歩3分ほどのEndeavourというクラフトビールのお店を予約。

クラフトビールの飲み比べが最高だ。

Endeavour公式ホームページ

望楼NOGUCHI函館のプランと料金

今回は素泊まりプランで予約した。素泊まりプランであれば安くSUITEルームを予約できたためだ。

2食付だと1人あたり1泊40,000円〜50,000円ほどだが、素泊まりだと以下の通り。

予約内容

プラン:10時までのチェックアウトのショートステイプラン<食事なし>

お部屋:SUITE 空港滑走路ビュー【120㎡/メゾネット/温泉展望風呂付/禁煙】

料金:18,850 円 x 2 名

ホームページを拝見し、どうしてもメゾネットタイプのSUITEルームに泊まってみたかった。

お財布と相談し今回はSUITEルームに宿泊することを優先。食事はホテル周辺のレストランを予約だが大満足だ。

望楼NOGUCHI函館公式ホームページ

最後に

「大人の隠れ家」という望楼NOGUCHI函館のコンセプトにぴったりのホテルだった。

良いホテルは予約した瞬間から心がときめく。これだから日本の温泉ホテルは大好きだ。

人生で初めての函館だった。望楼NOGUCHI函館での時間を愛おしく思う。また函館に行くときには是非泊まりたいホテルだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA