社会人で友達がいないのは悩むべきことじゃないと思う。

悩む男性
悩む男性

社会人になってから友達がいない気がするんだけど?

 

このような疑問に私なりの考えを書いていこうと思います。

 

筆者について
  • 社会人3年目の25歳
  • 普段は病院勤務
  • 友達がいないと悩んだ経験あり

結論ですが、私は別に友達がいなくて悩む必要は全くないと思います。友達がいなくても生きていけるからです。

 

表面上の会話する友達がたくさんできるよりも、本音で打ち明けられる友達が人生で3人くらいできたらそれで満足です。

 

もしできなくても1人の時間を有意義に使えるようになれば良いなと思っています。

 

本記事の内容
  1. 友達がいないと悩む理由
  2. 友達がいないと悩む必要はない!
  3. 1人が心地よいのではないか?

本記事を読んでいただければ友達がいないと焦る気持ちや不安な気持ちが少しは解消されると思います。

 

友達がいないのと悩む理由

自分がつまらない人間だと感じてしまう

自分には魅力がないんだと感じてしまうんですよね。面白ければ友達からの誘いがあるはずだと考えるから。

 

確かに明るくて、周囲を楽しい空気にできる人は誘いが多く充実しているように見えます。

 

羨ましいですよね。

 

ただ、つまらないか面白いかは極めて主観的な感想です。どう感じるかは人によります。

 

自分のことを面白くて魅力的な人間だと思ってくれる人もいます。反対につまらないと考える人もいるでしょう。

 

面白いと思ってくれる人が多いか少ないかは数の話。友達がいないから魅力がないということには直結しません。

 

人生が味気なく感じてしまう

友達と過ごせばきっと楽しい時間を過ごせるだろうと考えるからです。

 

多くの人は充実した人生を送りたいと考えているはずです。充実した人生=周囲と賑やかに過ごすになってしまうと友達がいない状態が味気なく感じてしまうことでしょう。

 

しかし、友達が多いから人生が充実するというわけではありません。価値観や考えの合わない友達と表面上だけ盛り上がるのは充実しているといえるのでしょうか。 

 

表面上だけ盛り上がるような関係はかえって、煩わしくなってしまいます。

 

仕事以外の時間が暇だから

社会人になると仕事の以外の時間は誰にも制限されません。そのため、主体的に行動しなければ暇だと感じることもあるでしょう。

 

平日は仕事で土日は何も予定がなく暇。ふとした瞬間に「あれ、全然友達遊んでいないや。友達いないのかも」と思い始めます。

 

忙しければ悩まなかったことでも、時間に余裕ができると悩み始めることはありますよね。

 

言い換えると友達がいないと悩むのは心に余裕ができたからです。

 

仕事で多忙なときは友達がいないと悩むこともないでしょう。

 

友達がいないのは悩むべきことではない!

友達がいなかったとしても不自由なく生活していけます。それよりも必要なのは知り合いを作り、関係を維持していく力です。

 

生活していく上で必要なのは今の知り合いであって、その関係を維持して行く力です。

 

関係を維持していく上で重要なのは相手が不快だと感じるような言動を避けること

 

社会人になると人間関係がかなりドライになります。特に仕事は生活費を稼ぐ場所ですし、自宅に帰れば守るべき家族がいる人が大半なのです。

 

なので重要なのは相手が魅力的かどうか、面白いかどうかではなく、一緒にいて不快じゃないかどうかです。

 

ほとんど毎日顔を合わせるわけですから、言動が不快だと仕事に行くのが辛くなります。

 

以上のような理由から社会人で友達がいないのは全く悩むべきことではないと思います。必要なのは知り合い作る力その関係を維持して行く力です。

 

友達がいないのではなく1人が心地よいのでは?

もし友達が欲しくてたまらないのであれば自分から遊びに誘うはずです。

 

しかし悩んでいるのはきっと「友達からの誘いがこない」ということだと思います。

 

「友達を誘うと断られるかもしれない」とか「相手の時間を自分に使ってしまうのは申し訳ない」という理由で誘わないのだと思います。

 

友達と一緒にいるとあれこれ考えて疲れてしまうんですよね。つまり1人の時間が楽で心地良いじゃないでしょうか。

 

小さな頃から友達が多いのは良いことだ、友達を作りましょうという教育をされます。

 

友達がいない自分は恥ずかしいと思い、1人が好きな自分のことを肯定できないこともあるかもしれません。

 

1人が好き?全く恥ずかしいことではないと思いますが?

 

1人の時間を有意義に過ごしながら、気の合う友達を自分のペースで探していけば良いと思います。

 

見つからなければ自分が楽だと感じることに時間を使えば良いのです。

 

友達がいないのではありません。1人の時間が心地よいだけなのです。

 

最後に

私は社会人で友達がいないことを悩むべきことではないと思います。友達がいなくても生活な成り立つからです。

 

重要なのは知り合いを作り、必要に応じて関係を維持する力だと思います。

 

社会人に限らず、友達がいないと悩む人は多いようです。友達については多くの著名人や偉人が考えを述べています。きっと人間共通の悩みなのかもしれません。

 

数ある言葉のなかから「友達がいなくても良いんだ」と自分を肯定できる著名人の言葉を3つ紹介します。

 

一緒にいて楽になる友だちと仲良くしてたらいいんじゃない。一緒にいて惨めな気持ちになる子たちと無理して仲良くする必要ない

辻仁成-作家

 

変な言い方だけど、自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、人間としては幸せだと思う

ビートたけし-お笑いタレント、映画監督

 

人生には合計して3人の友人が必要だ。

ひとりは自分の先を進んでリスペクトできて彼の後を追いたいと思える人。

ひとりは私の横に並び人生の旅を共に進んでくれる人。

そして最後のひとりは私たちが道を開いた後に手を差し伸べて連れて来れる人だ。

バラクオバマ-元アメリカ大統領

 

友達がいないからと悩む必要は全くないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA