2人暮らしのベッドの大きさはどう選ぶ?クイーンにしたけど結構良い。

2人暮らしを始めるときのベッド選びって迷いますよね。

 

一緒に寝れる大きさにしたいけど、部屋をベッドでいっぱいにしたくないですし。

 

私たちはダブルかクイーンかで迷ってクイーンを選びましたが、結構快適に過ごせています。

 

本記事では私たちがベッド選びで迷った点やクイーンを選んだ理由について記載しています。

 

これからのベッド選びで参考にしていただけると幸いです。

 

2人暮らしのベッドをクイーンにした理由

ダブルベッドだと狭まいと感じたからです。

 

近所のニトリでダブルベッドを実際に見て、座ってみましたが意外と狭く感じたんですよね。

  

ニトリで見たセミダブル

 

確かに2人が寝れる幅はあるんですけど、寝返り打ったら体はみ出るかもしれないないなって感じでした。

 

なので余裕を持ってクイーンにしようかなと。

 

ニトリで見たクイーン

 

今のところかなり快適に過ごせています。寝返りを打つ分にも苦痛ないです。

 

2人で快適に眠るために必要なスペース

肩幅に加えて左右に15〜20cmあると寝返りが取りやすいと言われています。

 

成人男性だと肩幅が平均60cmくらい、成人女性だと平均50cmくらいなので幅が180cmくらいある良いということになります。

 

ダブルベッドだと幅が140cmですので、2人で寝るにはかなり狭く感じてしまうんじゃないかなと思います。

 

 

2人暮らしのベッドをクイーンにするデメリット

  • 振動が伝わる
  • 運ぶのが大変

 

主にこの2点です。それ以外はとても満足しています。

 

振動が伝わる

クイーンを選んだ方の口コミを見たりすると相手の振動が伝わって起きてしまうということがあるみたいです。

 

特に夫(妻)が夜勤で寝るタイミングが違ったりすると苦痛に感じる方もいるのかもしれません。

 

私たちとしてはどちらかが起きてしまうほどの振動は感じたことはないので、デメリットには当てはまらないですね。

 

運ぶのがかなり重労働

私にとってはこれがクイーンを選ぶ一番のデメリットですね。

 

ベッドーフレームは組み立て方式なのでそんなに大変じゃないんですけど、問題はマットレスです。

 

棒状に圧縮されて届くんですけど、かなり重たくて。しかもでかい。

 

賃貸の2階に住んでいるんですが、何回途中で休憩したことか。今まで受け取った荷物でダントツで重かったです。

 

どんなに力がある人でも1人で運ぶことはほぼ不可能なので、手入れや破棄するときが一苦労かと思われます。

 

2人暮らしでおすすめのベッドの大きさ

IKEAで見たシンプルなデザインのベッド

クイーンもしくはセミシングルを2つ並べるのが良いと思います。

 

多少大きくても運ぶ労力が問題なければクイーンでも大満足なんですが、こまめに手入れをしたい方だとセミシングルを2つ並べる方が管理しやすそうです。

 

幅はクイーンでもセミシングルを2つ並べた場合でも160cmと同じです。

 

あと就寝時間がバラバラで今後はベッドを切り離して別々で寝たいという方だとセミシングルの方が自由度が高そうですね。

 

セミシングルを2つ並べる方法だと真ん中の段差が気になりそうですが、クイーン用のベッドパットを引いてあげれば解消されるみたいです。

 

 

まとめ

2人暮らしのベッド選びはかなり迷うと思いますが、個人的な感想だとクイーンサイズが良いと思います。

 

2人で寝る場合は寝返りも考慮すると肩幅+左右15cm〜20cmあると良いと言われています。

 

クイーンサイズは幅160cmですが、かなりゆとりがあります。

 

ただ、クイーンサイズのマットレスは結構重たく管理が大変かもしれませんので以下の方はセミダブルを2つくっつけて幅160cmにする方法をおすすめします。

 

  • こまめに管理したい方
  • 少しでも振動が気になる方
  • 今後は別々で寝ることも検討されている方

 

2人暮らしでのベッド選びの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA