ブログを書くときに「しないこと」リスト。

当ブログを開設して2年が経ちました。

毎日投稿しようと気を張っていたときもあれば、1ヶ月近く投稿しない期間もありました。

長く続けられる趣味としてブログを捉えた場合、「しない」方が良いと思ったことをリストにしてみようと思います。

  1. 長く書こうとしない
  2. 月に何記事書こうと決めない
  3. 立派な文章を書こうとしない
  4. 自分が見返さない記事は書かない
  5. キーワード選定に時間をかけすぎない
  6. 構成に時間をかけすぎない

ブログを書くときに「しないこと」リスト

長く書こうとしない

文字数稼ぎは書く側も読む側もつまらないから。

書きたいこと、必要なことを書いていて、気が付いたら2000文字を超えていた。

これだったら良いのですが、2000文字を書くというのも目的にしてしまうと書くこと自体が苦痛になってしまいます。

文章は短ければ短いほど良い。読む側にも伝わるし、書く側も楽。文章はダラダラ長く書かない。

月に〇〇記事書こうと決めない

「長く書こうとしない」と同じ理由。

趣味ブログなんだから書きたいときに書く。

立派な文章を書こうとしない

書くハードルが上がってしまうから。

ハードルを上げると書くのが苦痛になってしまう。

「いいね」と言われるのは嬉しいけど、それを目的に書かない。

自分が見返さない記事は書かない

ブログに記事を投稿しているくらいだから、誰かに見てもらいたいという気持ちはある。

けれども、面白いブログは世の中にたくさんある。

自分の記事が誰かに見てもらえると限らない。

他人にも見てもらえなくて、自分すら2度と見ないような記事を書くのは苦痛だ。

他人が見なくても、自分は何度も見たいと思えれば少しは書くモチベーションも湧くはず。

キーワード選定に時間をかけすぎない

キーワード選定は時間がかかりすぎるから。

ネットに記事を投稿するならキーワード選定は重要。

上位表示されるワードを真剣に選ぼうとすれば30分〜1時間かかるときだってある。

けれど、そればかりに気を取られて肝心の内容は?となるのは寂しい。

時間をかけすぎないようにしたい。

構成に時間をかけすぎない

構成沼にハマらないようにしたい。

ブログは修正が効くのがメリット。書いてから少しづつ、修正していこう。

書いていて楽しい?見ていて楽しい?

  • 2000文字書く
  • キーワードを意識する
  • 月10記事投稿する
  • 構成を練る
  • 見ている人のためになる記事を書く

これらは私にとってブログを苦痛にする要因だったことです。

なので自分なりに「しないこと」リストを作ってみました。

趣味ブログなんだから、もっと自分が書いていて楽しいか、見返して楽しいかに注目しても良いんじゃないかと思います。

結果として良いねと言われたのであれば素直に感謝する。言われなくても自分のためになっていれば、立派なもんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA